プラトニックなときめき

プラトニックなときめき

いつものように、仕事に行くために駅に向かい、同じ時間の電車に乗り込みました。

結婚して4年過ぎましたが、子どもはいませんので結婚前から仕事していた会社で今もフルタイムで働いています。

毎朝の通勤は電車です。
夫とは勤めている会社も違いますし、方向も違うので別々に出勤しています。

満員電車に乗り込み、降りる駅まで約15分1つ目の駅を超え、乗車客の入れ替えを済ませまた電車は走り出しました。

先程の乗り換えで車内は身動きが取れないほどの人。
次の駅で降りるから我慢と思いつつも、背の低い私は人に埋まってしまいます。
息苦しさを感じ、少し身体を動かしたところ、異変を感じました。

痴漢と気が付きましたが、咄嗟には声が出せません。
それにこれだけ人が密集していたらもしかしたら、私の勘違いということもあるかもしれないとそして、先程動いたときに私のお尻にあった違和感もなくなったので次の駅まで後数分でしたので、気を取り直してそのまま、やり過ごしました。

が、またすぐにお尻を弄るように先程よりわかる強さで後ろから触ってくるのです。

その時、私の斜め後ろの人男の人が声を出し痴漢を捕まえようとしてくれましたが、痴漢にとって運良く駅に着き逃げられてしまいました。

助けてくれた人も同じ駅を利用していたので、通勤途中ということもあり、名刺をお互いに交換しその時お礼を言い別れました。

数日は何事もなく、助けてくれた男性とも一緒の電車に、乗り合わせることもなく過ぎていきました。

そんな週末、後輩のミスで残業になり、駅に向かう途中前方を歩いていた痴漢にあったとき助けてくれた彼がいたので、急いで近づき声をかけました。

夫には、残業で遅くなることを伝えていましたので、先日のお礼と言い、彼を食事に誘いました。

彼も私のことを覚えていてくれて、はじめは断りましたが私がしつこく誘うのでそれでは割り勘でということになり、駅の近くの多国籍レストランで食事をすることになりました。

痴漢から助けてくれたときから好意を持っていた私。
恋に変わるのはすぐでした。

食事をしながら彼のことを聞き出しました。

彼には結婚を前提に付き合っている人がいるとのこと、ですが私がただ思っているだけならいいよね、と思いは告げることはないでしょうが、彼に恋をしてしまいました。

夫のことは勿論愛していますし、彼ともお礼の食事をしてからも別に何も起こっていません。

たまに同じ電車になると、痴漢よけに一緒に通勤はしていますが、彼は私には気がないようです。
私はドキドキしてしまいますが、彼はそんな素振りのなくたまに会話の中に交際中の彼女のことを惚気けますので私達が恋愛に発展することはないでしょう。

でも、久しぶりのトキメキに夫にはに内緒でもう少し彼とのプラトニックの私の片思いは続くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です